里の学び舎 楽

里の学び舎楽は、わたしたちにとって大切なこの地域の、自然美あふれる風情をずっと残したいという思いを実現するため、地域の空き家を譲り受け改修整備した三つめの活動拠点です。

地元住民と日頃は他の地域で暮らす人たちが協働して、高齢化や人口減少、空き家や耕作放棄地の増加、地域行事の担い手不足などの地域課題の解決に向け、地域資源の有効活用を考えながら、持続可能な村づくりに向け取り組みを続けています。

世代やフィールドの異なる者たちが知恵を出し合い、力を合わせながら「環境・子育て・学び・雇用」をテーマに、地域社会で役割を担える人材が育つ学びの場になることを願っています。

 


おしらせ

舞鶴市から小学生たちが田舎体験にきてくれました
「里の学び舎 楽」 開所式

 

ハーフビルドで改修工事

「専門性の高い工事や危険な工事はプロに任せて、自分たちでできるところは自分たちでつくろう」とハーフビルドしました。ものづくりを楽しみ、達成感を味わい、かけがえのない体験を語り継ぎたいという思いを大切にし、世界で一つだけの私たちの家をつくりました。


改装前(外観・内観)

 


解体作業

 


内装・外装作業

 


改修完了